アイフルのおまとめMAXを利用する時の注意点

おまとめローンは低金利の銀行カードローンを利用する方が適していますが、アイフルのおまとめMAXも上限金利が15%なので銀行カードローンと同じような感覚で利用する事が出来ます。またアイフルは消費者金融なのでおまとめMAXを利用すると即日融資を受ける事が出来ます。おまとめローンで即日融資を受ける事が出来るのは珍しいのでメリットに感じる人も多いです。しかしアイフルのおまとめMAXを利用する時は注意点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・初めての人は利用する事が出来ない

アイフルのおまとめMAXの利用条件は既にアイフルを利用した事がある人となっているので初めての人は利用する事が出来ません。初めての人はかりかえMAXの方になり上限金利も17.5%になってしまいます。

・追加の借り入れは出来ない

通常のキャッシングをする時は限度額の範囲内であれば追加の借り入れをする事が可能ですが、アイフルのおまとめMAXは返済専用のローンなので追加の借り入れをする事が出来ません。通常のキャッシングと異なる点なのでしっかり頭に入れておきましょう。

・返済方法が口座振替だけしかない

通常のキャッシングをする時は口座振替、ATM、銀行振込などいろいろな返済方法があります。しかしアイフルのおまとめMAXの返済方法が口座振替だけしかないのでしっかり頭に入れておきましょう。

プロミスのおすすめ

カードローンをどこの会社で契約しようかと悩んでいる方は多いと思います。

今回は大手のプロミスを紹介したいと思います。

プロミスはCM等、広告でよく見かけると思いますが、大手ならではの手厚いサービスも特徴です。

まずプロミスのHPをみていただきたいと思いおますが初めての方でも安心の内容となっています。申込みの方法もふたつありましたてすべてをWEbだけで入力する場合と少しの入力であとは電話での確認作業で済ませる方法があります。

入力が面倒だと思われるかたは電話で教えてもらいながら申し込めるのも魅力的だと思います。

他にも「お借入シュミレーション」というボタンがあって年収など簡単な入力内容で借り入れ可能かどうかの審査が出来ます。

他にも女性専用ダイヤルがあるなどきめ細かいサービスが充実しております。

プロミスでの借り入れの特徴としましては、即日融資OK,初めてのかたなら30日間無利息、家族に内緒のかたにはありがたい郵便物なしなどがあります。

返済もお近くの銀行やコンビニのATMなどで出来ますが、プロミスは三井住友銀行グループなので三井住友銀行のATM(とプロミスATM)なら手数料無料になるのもうれしいですね。こちらの銀行の口座をお持ちの方には特におすすめです。

アコムでキャッシングした時に提携ATMで返済するのをオススメ出来ない2つの理由

アコムは返済方法がたくさんあるので利用しやすいと言われています。特にコンビニに設置されている提携ATMで返済するとすごく便利なのでアコムでキャッシングする人も多いです。しかしアコムでキャッシングした時に提携ATMを利用して返済するのはあまりオススメする事が出来ません。そこでなぜアコムでキャッシングした時に提携ATMを利用して返済するのをオススメする事が出来ないのか理由を挙げていく事にしましょう。

・手数料が発生する

提携ATMを利用して返済する時は1回ごとに手数料が発生してしまいます。1万円以下の返済の時は108円、1万円以上の返済の時は216円の手数料が発生するので何度も利用していると返済総額が多くなってしまいます。無駄な出費が増えてしまうのがオススメする事が出来ない理由の一つです。

・場所によって利用出来ない事もある

提携ATMは基本的に24時間営業になっているのでいつでも利用する事が出来ます。しかし場所によって設置されている提携ATMが異なるので利用出来ない事もあります。また定期的にメンテナンスで利用出来ない事もあるので不便に感じてしまう事もあります。

アコムでキャッシングした時に提携ATMを利用して返済するのをオススメする事が出来ないのはこのような理由があるので手数料が無料で返済するのを忘れる事がない口座振替を利用するといいでしょう。

何処で借りるか迷ったら毎月の返済額で選択しよう

一般的にカードローンで借りる金額は10万円までが圧倒的に多いです。車や家のローンと違って数万円程度なら借りやすいというのが実状です。ちなみに消費者金融の金利はほぼ横並びの年18%です。モビットは無利息サービスがないのであまりオススメできませんが、その他の消費者金融はどこも似たり寄ったりで決め手に欠けます。

そのような方は返済面で比較すればいいかもしれません。例えば5万円借りた時の毎月の最低返済額は、プロミスが2000円、アコムが3000円、アイフルが4000円です。また約定返済日をアコムとアイフルは、お客側が自由に決められます。毎月の返済額が少ないと返済期間がどうしても長くなりがちですが、返済自体は非常に楽です。自分の懐状況を良く理解してから、返済しやすい金融機関で借りればいいのです。

カードローンはずっと契約してメリットがある?

カードローンは、銀行や消費者金融に関わらず、利用限度枠内であれば何度も借り入れができ便利です。

都度、契約審査が無いことは、借り入れまでの時間短縮にも繋がっています。

ですが、一見するとメリットが契約したままでいるとメリットがあるように思えるものの、キャッシング審査の特徴としてはデメリットがあります。

そもそも、現在のキャッシング審査では将来的な収入や信用度は考慮されていません。

つまり、契約をそのままにした場合、過去の条件が引き継がれてしまい、本来の評価が受けられていないことになります。

そのため、カードローンの契約は適宜見直しを行った方がメリットとなるため、契約を継続しない方が良いと言えます。

そのため、若い頃に契約したカードローンを利用し続けるのはあまりおすすめではありません。

モビットの10秒簡易審査はお試し診断とは違う

キャッシングの公式サイトを見ていると簡単な入力で借りられそうかチェックできる簡易診断をよく見かけます。

希望している借入額、他社で借りているだいたいの金額、そして自分の年齢や雇用形態といった3?4つの項目を入力すると、簡単に診断してもらうことができます。

モビットには、10秒簡易審査結果表示というサービスがありますので、この簡易診断と似ているものではないかと勘違いする可能性がありますが、実際は違うものです。

他社の借り入れ診断は名前や住所などの個人情報を入力せずに結果を表示させる機能です。

モビットの場合は、詳細な個人情報をしっかり入力して送信します。

その情報に基づいて、モビットの審査基準によって借りることできるかどうかがすぐに表示されます。

評価結果は約10秒後に直ちにに表示されますが、融資可能と思われるときは、そのまま本申込みに進むようになっています。

つまり、気軽にできる借入れ診断ではなく、申し込み手続きの一部のようなものになっています。

モビットの簡易審査を使用するときは、審査結果がよければモビットに申し込みする意思がある場合にしましょう。

おおよその数字ではなく、実際の正しい数字で入力を行うようにしてください。

プロミスの目的ローンについて

購入する財やサービスがはっきりしていて、明確な目的を持ってキャッシングしようと考えている人におすすめしたいキャッシングがプロミスの目的ローンとなります。プロミスの最もメジャーなキャッシングはフリーキャッシングとなりますが、お金の使いみちがはっきりしている場合には目的ローンの方が最大金利が低いのがおすすめとなるのです。(フリーキャッシングの最大金利が年17.8%なのに対して目的ローンの最大金利は16.5%)

なおプロミスの目的ローンを契約するのに必要となる条件や提出が必要な書類はフリーキャッシングと同じとなりますが、目的ローンの場合は返済方法が口座振替と決められているので、契約時に引き落とし口座の届出印が必要になります。

忘れずに用意したいですね。

おまとめローンの審査が通らない原因で考えられることは?

貸金業法に基づくおまとめローンは、返済先の統一および金利見直しというメリットがあります。また、契約者が一方的に有利である契約の場合、総量規制を超える金額でのおまとめも可能です。

しかしながら、必ず契約できるものではなく、毎月の返済も問題なく、収入も安定している方でも審査落ちしてしまいます。このような場合、おまとめローンの最長返済期間内に完済が見込めない、もしくは毎月の返済負担が大きくなるとという可能性を考慮する必要があります。

特にカードローンの一本化はおまとめローンには不向きであり、負担なく完済するのであれば、おまとめローンは避ける必要があります。そもそも、カードローンでの借り入れ自体には、返済期間が設定されていないため、特徴を抑えておくのがおすすめです。

キャッシングの申込み方法は

キャッシングをしたいと考えている人は、申し込みをする必要があります。キャッシングの申込み方法は、いくつかあり最近はインターネットを利用して申し込みをするのが一般的です。

ただインターネットだけでは、審査に時間がかかるために、インターネットで申し込みをした後電話で問い合わせをすると融資までの時間が短縮されることが多いです。

また、キャッシングをするときはお金が必要になってから申し込みをする方法と事前にキャッシングをすることができるような枠を設定しておく方法があります。

事前に枠を申請しておけば、当日になって審査をしてもらう必要がなく、ATMなどに行ってすぐに現金を引き出すことができるようになっています。いざと言う時のために、枠をつけておくのも1つの方法です。

借り換えタイミングは相談が大事

借り換えと言えば長期ローンというイメージがあり、やはり住宅ローンだと思います。

住宅ローンの借り換えのタイミングは本当に難しいです。それは「未来の金利はだれにもわからない」ということだと思います。

ですが、もし金利が下がるからといって必ず借り換えをした方がいいかと言えばそんなこともありません。

借り換えには手数料が発生しますし、住宅ローンであれば登記の手続きが発生することもあります。

実はその手数料は決して安いわけではないので、借り換えの際にはトータル的に考える必要があります。

なので、借り換えのタイミングは相談が大事になります。

まずは、借り換えを検討している銀行の相談窓口へ行きましょう。相談内容としては金額的なことだけでなく、返済方法、条件変更時の手数料など幅広く相談することが大事です。そして相談したら、現在借りている状況と比較して相談先のほうが条件がよければそれが借り換えのタイミングだと思います。

ですが、もし借り換え先の方が条件がよいことを現在借りている銀行に言えば、金利等を下げてくれるかも知れません。そのときは借り換えのタイミングではないと思います。

こんな感じで、借り換えと言うのはとてもタイミングの判断が難しいです。相談し、比較し、いいタイミングを見極めましょう