ここ数年で利用者が増えている楽天銀行スーパーローンの特徴は?

ここ数年でネットで仕事をする事が出来る時代になっているので報酬の振込先を楽天銀行の口座にしている人が多いです。それでカードローンも楽天銀行スーパーローンを利用する人が多いですが、実際にどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

楽天銀行はネット銀行なので店舗やATMが設置されていません。それでカードローンの申し込みをする時もネット上で行う事になります。スマホで楽天銀行のホームページにアクセスするとカードローンの申し込みをする事が出来るので利便性が高いです。また最高金利も14.5%で設定されていて消費者金融より低金利なので安心してお金を借りる事が出来ます。銀行カードローンの中でも利用しやすいのが楽天銀行スーパーローンの特徴です。

即日融資してもらえる消費者金融

消費者金融は、即日融資をしてくれるところを選択すると急いでいるときにもその日のうちにお金を受け取ることが出来て便利です。金融業者によっては翌日以降の融資になってしまうところもある中で、即日融資を売りにしている業者は本当にその日のうちにお金を手にすることが出来ます。

インターネット上から申し込みが出来ますので簡単ですし、1時間以内に審査が終了して融資が受けられる金融業者もあります。事前審査を利用すると、融資をうけられるかどうかが申し込みをする前にわかります。冠婚葬祭や急な誘いなど、給料日前にお金が足りなくなってしまったという方は、初回金利が無料になるところを選ぶと、借りた分だけ返済すればよいのでお得です。

プロミスのアプリローンを利用するメリット

プロミスではスタンダードなキャッシングサービスに加えて、契約の手続きなどをスマートフォンで行うアプリローンというユニークなキャッシングサービスがあります。プロミスのアプリローンの特徴について確認をしていきます。

・来店不要で契約できる

プロミスのアプリローンはスマートフォンが一台あればプロミスの店舗へ来店不要で契約申し込み手続きから実際のキャッシング手続きまでを行うことができます。またカードレスでの取引となり自宅に郵送物が届かないので人に知られずにキャッシングができます。

・無利息キャッシングができる

プロミスに利用が初めてでアプリローンを契約した場合、最大で30日間無利息期間借り入れを行うことができます。

キャッシングと本人確認について

キャッシング申し込む際には、本人確認書類が必要になってきます。運転免許証やパスポート、保険証や住民票などがそれにあたります。ウェブで申し込まれる場合は、本人確認書類をスキャナを使ってデータ化したり、携帯のカメラを使って撮影し、それをデータ化して送ります。

スマホを持っている方は、スマホから専用のアプリを使用して本人確認書類を提出することもできます。またスマホや携帯、パソコンを持っていない方は、本人確認書類のコピーを郵送することになります。キャッシングに申し込みの際は、本人確認書類はもちろんのこと、その他、収入証明書の提出も必要になってきます。収入証明書の提出もウェブまたは郵送で送ることができます。

審査をクリアすれば最短即日で借りられるキャッシング

どうしてもすぐに現金を欲しい時には最短即日で借りられるキャッシングを利用するといいです。キャッシングの最大の利点は、非常に簡素な手続きで迅速にお金を借りられるということです。キャッシングを一度もしたことがない人は申し込みの方法が分からなくて不安になりがちです。

借り入れはネットだけでなく電話からも可能なので初めての人でも簡単です。もし不安のある人は店頭で分らない事を聞きながら借り入れをすると安心です。申し込みの手続きをする際には信用に問題の無い人か確認するための審査がありますが、過去に返済のトラブルが無い人ならばまったく問題なく審査をクリアできます。契約をスムーズに行うためには手続きに不備がないかしっかり確認をするべきです。

はじめてのレイク

私は、キャッシングを利用するときに、レイクを利用しました。正直、どこの会社を選んだらいいのかよくわかりませんでした。ただ、私は急いでいて、なるべく早くに手続きをしたいと思っていました。

そんなときによく見たレイクのCMが頭に残っていて、調べて見ました。すると、驚いたことに、手続きが携帯電話ですんでしまうのです。他の会社を調べていませんが、私には助かりました。実際家で手続きが完了しました。そして、ありがたかったポイントがもうひとつあります。

それは、女性が対応してくれる、レディースレイクがあることでした。私は、男性が苦手で、女性の方が安心できます。だから、当時レイクを利用して本当に良かったと思いました。

キャッシングの申込みをした後にどのようにサービスを使えるようになるのか

必要になるお金を借り入れしたい場合には、消費者金融会社の個人向けの融資サービスであるキャッシングを活用するのが良いでしょう。キャッシングは自動契約機や消費者金融会社の公式サイトから申し込む事ができ、申込者がキャッシングで借り入れしたいといった時に重宝します。

キャッシングの申込みをした後は、消費者金融会社側で提出された書類を元にして審査を実施します。本人確認と返済能力がある事を調べていきますので、審査をクリアするには、これらの条件をクリアすれば可能性が高まります。

消費者金融会社によって審査時間は異なりますが、審査を通過して契約をする事でキャッシングでの借り入れが出来るようになります。キャッシングでの借り入れしたお金の使い方は基本的に限定されていませんので、利用者が自由に使えます。

カードローンの利用に適用される総量規制とは?

消費者金融のカードローンを利用する際に知っておきたいのが「総量規制」という法律です。

消費者金融やクレジットカード会社からの借り入れに対して、借入金額の上限を年収の3分の1までと定めたものです。複数の消費者金融から借りている場合は、合計金額が3分の1までとなります。例えば、年収300万円の人は100万円を超えた金額を借りることはできません。既に1社で80万円借りている場合は、2社目に申し込んで審査に通っても、20万円までしか借りられません。総量規制は、借金によって生活が破たんすることがないよう、借り過ぎを防止する目的で導入されたものなのです。

ただし、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。年収の3分の1以上借りる必要がある人は、銀行に相談してみるとよいでしょう。

アイフルの特徴は「審査結果が最短30分でわかる」

アイフルでキャッシングを利用することのメリットはいっぱいありますが、その中でも特徴的なものは「最短30分で審査の結果がわかる」ことです。銀行に比べて消費者金融の審査の結果がわかるのは早いですが、その中でもアイフルは最短30分で審査結果がわかるとスピード審査になっています。

アイフルは土日祝日も含めて8時から22時まで営業をしており、即日融資をできるのが平日だけではなく土日祝日でも即日融資ができます。Webで申し込みを21時までに終わらせれば、自動契約機での即日融資が可能になります。これは最大のアイフルの特徴であり、強味になります。

審査の結果は混雑時になると30分以上かかってしまうこともあるので、即日融資を望んでいる人は早めに申し込みする方が良いでしょう。

キャッシングの審査担当者は何を見ているのか

キャッシング申込みを行なう際に、申込先金融業者やカードローン商品ごとに入力項目に違いがあることに気が付くでしょう。審査基準を公開している金融業者が存在しないので、共通項目がある一方で独自審査も行われていると想像するしかありません。キャッシングの審査通過率を公表している大手消費者金融では、38%~50%程度が審査に通過していることを考えると、半数以上は審査落ちしていることを意味します。

審査担当者の目に触れる段階まで審査が進むためには、最初に属性情報と呼ばれる年収や勤続年数といった項目を数値化した足切り審査を通過する必要があります。スコアリング審査段階で相当数が落とされるので、目視審査に進む時点では申告した情報に嘘や誤りが無いかの確認作業が中心です。

個人信用情報機関へ信用情報照会を行い、過去の金融取引実績と金融事故を起こしていないか確認します。年収や勤務先情報についても他社からの借入があれば、個人信用情報機関へ登録されているので、矛盾点があれば審査落ちリスクが高まります。1社審査落ちをした段階で、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って、申込時に記入した情報との相違点が無いか確認すると良いでしょう。