銀行と消費者金融のカードローンはどこが違うのか

カードローンを提供している金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融など様々です。一見すると同じカードローンに見えがちですが、適用されている法律自体がそもそも異なる点に注意しなければなりません。

信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づく貸金業者としての届出を行っているので、総量規制の影響を受けます。他社を含めた貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてはならないという総量規制により、審査の柔軟性とは別の部分で規制が掛けられているわけです。

一方、銀行カードローンは、銀行法に基いて金融商品を展開しているので、利息制限法の適用を受けても貸金業法の適用は受けません。消費者金融とは異なり総量規制対象外ですから、審査に通過出来れば年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

また、銀行カードローンを利用するためには、保証会社の審査に通過する必要があります。保証会社として銀行から指名された消費者金融や信販会社が実質的な審査を行なうので、総量規制には抵触せずに大きな利用限度額を設定してもらえる可能性があるわけです。同じ信販会社や消費者金融が審査を行っても、銀行カードローンならば審査に通過できる可能性がある点に注意が必要です。