総量規制によって希望額に届かないときには銀行のカードローンを

手軽にお金を借りられるキャッシングには、どうしても足かせとなってしまう法律上の規制があります。それは総量規制と呼ばれる規制で、この規制が施行された結果として消費者は自分の返済能力を大幅に超えるような借金をすることができなくなりました。総量規制では自身の年収の三分の一を超える借金をすることができないのです。

もちろん、この総量規制は前述したように自分の返済能力を大幅に超えるような借金を消費者がしないようにするために設けられて施行されているのですが、自身の年収の三分の一を超える借金ができなくなってしまったことで、それ以上の金額を借りたいという場合には消費者金融のキャッシングでは自分の希望する金額を借りられないというケースも発生しています。ただし、自身の年収の三分の一を超える金額であっても借りられる方法がないわけではありません。

銀行のカードローンならば年収の三分の一を超える金額でも借りられる可能性があります。銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていないというのがその理由です。そのため、総量規制のせいで自分の希望する金額が消費者金融のキャッシングでは借りられないというときには、総量規制の対象ではない銀行のカードローンを申し込んでみるようにしましょう。