三井住友VISAプリペイドカードへの振り込みが出来るプロミスのキャッシング

利用者が消費者金融会社にお金を借りる時に、提携ATMを通して使うのが一般的ですが、近年では、キャッシングで振り込まれるお金の使い方に変化が出てきています。プロミスでは他社とは違った新しいサービスを展開しており、その一つが三井住友VISAプリペイドカードへの振り込みキャッシングです。最近では、VISAプリペイドカードを使える店舗などが増加しており、VISAプリペイドカードにチャージをしておく事で使えます。

このサービスを利用するには、プロミスとのキャッシング契約の申込みをする時に一緒に手続きをする事が出来ます。また、プロミスと既に契約をしているのであれば、VISAプリペイドカードの申込みだけをすれば、同様に振り込みキャッシングを利用する事が可能です。

主婦でもキャッシングが出来る条件とは?

冠婚葬祭など急な出費でどうしてもキャッシングをしたいという主婦の方も多いかと思います。原則主婦の方でもパートなどで一定の収入があればキャッシングをすることは可能です。保障人なども必要なく、パートだからといって特別な審査が行われるわけではなく通常の審査とほぼ一緒です。

ただ当然のことながらパートですと収入は少ないので、借りられる限度額は低くなります。消費者金融ですと年収の3分の1以上は借り入れが出来ないことになっているので年収で100万円程度でしたら30万ちょっとまでしか原則借りることが出来ません。

銀行系のカードローンは年収による制限がないので限度額の制限は法律上決まっておりませんが、消費者金融と同等の限度額になることがほとんどで、尚且つ銀行系の方が比較的審査は厳しめになっている印象もあります。

キャッシングと言っても借りる場所によってさまざまな特徴や制限があるので、借り入れをする際はどこに申し込みをすれば良いかご自身の状況を見て検討してみてください。

キャッシングをする時にモビットが選ばれる理由は?

モビットは即日融資に対応していますが、最短1時間融資が可能なアコムやプロミスに比べて融資スピードが劣ると言われています。それで早くお金を借りたい時はアコムやプロミスを選んだ方がいいですが、最近ではモビットを選ぶ人も多いです。そこでなぜキャッシングをする時にモビットが選ばれるのか理由を挙げていく事にしましょう。

モビットはネットで申し込みをすると電話連絡と自宅への郵送物が一切なくなります。電話連絡がなくなれば在籍確認も電話以外の方法で行ってもらえるので職場の上司や同僚にキャッシングをするのを内緒にする事が出来ます。また自宅への郵送物がなくなると家族にキャッシングをするのを内緒にする事が出来ます。それでモビットを選んでキャッシングをする人が多いです。

便利に申し込む事が出来るのはバンクイックと楽天銀行スーパーローン

銀行カードローンは消費者金融に比べて申込手続きが面倒と言われています。しかし銀行によっては便利に申し込める場合もあります。そこで便利に申し込む事が出来る銀行カードローンを紹介していきましょう。

三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは銀行の中にテレビ窓口が設置されていてカードローンの申し込みをする事が出来ます。申し込みからカード発行までの手続きをする事が出来るのですごく便利です。

また楽天銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンはネット上ですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。銀行カードローンで申込手続きに手間をかけたくない人はバンクイックか楽天銀行スーパーローンでキャッシングをするようにしましょう。

アイフルのお悔やみローンの特徴とは

アイフルでは葬儀費用などをお得に調達できるお悔やみローンというローンサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスの概要や特徴についてみていきましょう。

・金利や契約に必要なもの

2018年1月5日時点で実質年率は9.8%~12.0%、融資限度額は最高で100万円までとなっています。なお契約の際には本人確認書類に加えて、資金使途を証明できる請求書や予約確認書などの書類提出が必要です。

・借入金の使いみちについて

お悔やみローンを利用して借りたお金については葬儀費用に利用できる他、仏壇や仏具や墓石の購入費用などにも利用が可能です。

・担保などは不要

お悔やみローンは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要とされています。

新生銀行カードローンレイクの無利息サービスのプランはどのように選べばいい?

初めて新生銀行カードローンレイクでキャッシングをする時は無利息サービスが適用されます。無利息サービスが適用されると一定の期間無利息でお金を借りる事が出来ます。無利息サービスのプランは30日間無利息と180日間5万円分無利息があります。それでどちらを選べばいいのかを見ていく事にしましょう。

新生銀行カードローンレイクは即日融資に対応しているので少額の借り入れをする人が多いです。それで5万円前後の借り入れをする時は180日間5万円分無利息のプランを選んだ方がお得になります。しかし多額の借り入れをする時は5万円分しか無利息にならないと損をしてしまうので30日間無利息のプランを選んだ方がお得になります。借入金額によってどちらを選べばいいのか判断していくといいでしょう。

銀行ローンを組むメリットは何か

お金は働いて稼ぐことが世の中の常識です。ですが人生何があるのかわかりません。急な入院や事故、などで多額のお金が必要になってくるケースがあります。

その際に決まった収入以上の出費はなかなか支払うのが困難です。その際に多くの人が利用しているのが銀行なのです。審査を受け月々いくらの返済といった形でローンを組んでいます。

銀行のローンを何故組むのかどのようなメリット、デメリットがあるのかを疑問に思う人もいると思います。銀行ローンを利用することによって銀行からの優遇や住宅などの購入時に低金利で購入することが出来たりお得なプランで家計の負担にならないようにローンを組んでもらうことが出来ますし、大きなお金が必要な時即座に借り入れすることが出来る為銀行ローンを利用するのは将来的に銀行との取引を有効に出来る事からメリットがあります。

デメリットに関してはあまりなく大きなお金が出ていくことがないことが一番ですが、人生では必ず大きなお金が出ていくことがあります。

それを払いたくないと銀行などに相談せずに放置などを行っていれば滞納していることになり住宅を購入する際などには銀行でローンが組めなくなってしまう場合があります。

アイフルは本当に必要最低限の少額から貸してくれる

各消費者金融ごとに借り入れをする際の最低金額のようなものが設定されています。それを下回る金額の借り入れはできないということなのですが、アイフルの場合にはそれがかなり低く設定されているのです。基本的には借り入れできる最低限の金額は低いほうが良いでしょう。

大手の消費者金融では、だいたい1万円くらいが多いですが、アイフルの場合にはなんと1000円から可能です。1000円を貸してほしい機会なんてあるの?と思うかもしれませんが、全くないことはないはずです。

例えば、食事をしようと思って出かけたが、財布にお金が入っていないのに気付いて、家に帰って取りに行くのは面倒だというときに、少額でいいから近くの消費者金融で借りたいというような場合もあるのではないでしょうか?普通の食事であれば、1万円も必要ないわけです。

1000円、2000円くらいあれば十分というときには、利息を考えると多く借りるだけ損で、必要最低限のお金で良いので、それだけ安い金額を貸してくれる消費者金融の存在はやはり大きいでしょう。いろいろなケースで少額のお金が必要になることはあると思いますが、そういったときには近くでアイフルはないか?と探してみると良いのではないでしょうか?

どの方法でキャッシングの申し込みをすればいい?アコムの申込方法の選び方

アコムは大手の消費者金融で即日融資を受ける事が出来るので早くお金を借りたい人がよく利用しています。それで店頭窓口、無人契約機のむじんくん、ネットなどで申し込む事が出来ますが、どの方法がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこでアコムの申込方法はどのように選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・融資スピードを重視する時はむじんくん

アコムはどの方法で申し込みをしても即日融資を受ける事が可能です。しかし申込方法によって融資スピードが異なってきます。店頭窓口やネットで申し込みをすると融資可能になるまで2~3時間かかってしまう事があります。しかしむじんくんで申し込みをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるのでその後すぐに閉設されているATMでお金を借りる事が出来ます。申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時はむじんくんがオススメです。

・来店したくない時はネット

店頭窓口やむじんくんで申し込みをする時は来店しなければいけません。しかし来店するのは面倒でしたくない時はネットで申し込みをするのがオススメです。アコムは申し込みから借り入れまでの手続きをWEB完結で出来るのでネットで申し込みをすると来店不要になります。

アコムのビジネスサポートカードローンの特徴とは

アコムでは一般的なカードローンの他に個人事業主を応援するローンサービスであるビジネスサポートカードローンというカードローンの取り扱いもあります。同カードローンサービスの概要や特徴について確認していきましょう。

・金利と利用限度額について

2017年12月28日時点で実質年率は12.0%から18.0%(利用限度額が100万円以上の契約の場合には12.0%から15.0%)であり、利用限度額は1万円から300万円までとなっています。100万円以上の利用限度額で契約すれば上限実質年率が大きく引き下げられるので出来る限り利用限度額を100万円以上として申込みをするのがおすすめです。

・総量規制対象外の対象外

一般的に消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますが、同カードローンは事業性融資サービスということで例外的に総量規制対象外となっています。そのため年収の3分の1を超える借り入れにも対応しています。

・即日融資に対応

最短で即日融資に対応しています。申込み方法についてはインターネット申込みや自動契約機からの申込みにも対応しているので気軽に申込みができます。

・保証人などは不要

同カードローンは担保も不要ですし連帯保証人も不要で契約できます。