おまとめローンは総量規制の対象外ですが…

他社からの借り換え専用のおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額になっても大丈夫ですが、そもそも消費者金融のおまとめローンの借り換え対象となるのは他の消費者金融からの借り入れ分だけです。

よって、現在抱えているクレジットカードや他のローン契約の残りの支払い分、銀行からの借り入れ分などは借り換え対象になりません。つまり、元々総量規制が適用される借り入れ分だけしか借り換えることができないので、おまとめローンによって借りる金額が総量規制をオーバーしていることは基本的には無いのです。

基本的にはと書きましたが、特にパートやアルバイトのような毎月の収入が一定ではない人の年収はあくまで概算で算出される為、数社を利用している場合、改めてまとめてみると実際には年収の1/3以上の借り入れを行っているようなケースがあります。また、会社員でも契約時より年収が減ってしまった場合など、そのような場合の借り換えにこの総量規制の対象外という点が利点となるのです。

つまり、消費者金融のおまとめローンは基本的には総量規制内の範囲内での借り換えになりますが、いざ合計してみたところ現在ではそれを超えていたというようなケースでも安心だということです。

おまとめローンを組む魅力や利点

キャッシングにおいて、二社以上からの業者からお借り入れを行っている場合、ぜひ検討しておきたいサービスといえばおまとめローンです。

複数の債務をひとつに纏められるおまとめローンを活用すると、返済の手間を一月にたった一度のみで抑えることが可能になりますし、金利や返済期限やお借り入れの残高なども一定となり、業者ごとに違いが生じてしまうといったことも無くなります。

また、一社からある程度まとまった金額を大口で借り入れられるようになるので、金利の負担もかなり抑えることができるので、今よりも低金利でキャッシングを成功させたい人や、毎月の返済のペースを現状より落としたい方にとっても安心です。

債務整理に頼らず、借金返済の月々の金額を抑えられるようになったり、借金管理のストレスや負担を取り除くことが可能になります。

幾つもの業者と付き合いを重ねると、自分の持つ借金の総額が把握しづらくなったり、完済へのプランが明確に立てにくくなりますが、おまとめローンを組んでおけば安心です。

月に一度ATMを操作するだけで手軽に借金返済がこなせるようになるので楽ですし、借金に悩む人には見逃せない手段です。

おまとめローンを選ぶ際は金利を考慮し、現在借り入れている業者より必ず低金利なサービスを選ぶようにするとおすすめです。