じぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時の注意点

じぶん銀行じぶんローンはネット銀行のカードローンでKDDIが出資している銀行でもあるのでauユーザーが利用すると金利などで特典を受ける事が出来ます。また融資スピードが早くて提携ATMの手数料が無料なのでメリットになる点が多いカードローンという印象があります。

しかしじぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでじぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

ネット銀行のカードローンは低金利になっている事で有名で上限金利はほとんどのネット銀行が15%以下に設定されています。しかしじぶん銀行じぶんローンの上限金利は17.5%に設定されているので他のネット銀行のカードローンより高いです。借り過ぎや長期の返済をする時は注意が必要になってきます。

じぶん銀行の口座を持っていないと振込キャッシングや自動支払い返済など便利なサービスを利用する事が出来ません。じぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時は事前にじぶん銀行の口座を開設しておいた方がいいです。

無利息融資を続けるためにいろいろなところにキャッシングを申し込むのはアリか?

キャッシングの中には無利息の融資が使えるような特典がついているようなケースがあります。

ただ、そういったところは初回申し込みの時から何日までといった感じのものが多く、何度も使えるところはほとんどありません。

そのため、無利息融資を利用するためにはほかの会社に申し込みをするというようなことも考えられます。

果たしてこれは有効でしょうか?

結論から言うとあまりお勧めはしません。 キャッシングにいちいち申し込むといってもなかなか手間がかかります。

必要な書類も毎回集めたりするもの結構面倒ですし、審査時間もまたかかりますので手間を考えると結構遠回りです。

また、短い期間に何度も申し込んだり、あまりに多くの消費者金融と契約していると断られるようなケースがあります。

短い期間だと、一気に借り入れをして踏み倒されると考えることもありますし、返済可能性に疑問を持たれる可能性があります。

また、あまりに契約している会社の件数が多いのも、借入金額が少なくても返済に困っていたりする印象を与えますし、

あまり利用してくれないのでは?とも考えられますので、審査してもあまりいい返事は得られないかもしれません。

そんな感じになりますので、無利息融資の利用のためだけに何件も契約するというのは避けた方がいいでしょう。

大手の消費者金融と中小の消費者金融の違いは?

消費者金融はアコムやプロミスなど大手が目立ちますが、最近では中小の消費者金融を利用する人が出てきています。大手も中小も即日融資に対応していて申し込みをした日にお金を借りる事が出来ますが、実際にどのような点が違うのか見ていく事にしましょう。

大手の消費者金融は店頭窓口、自動契約機、ネットなどいろいろな申込方法があります。特に自動契約機は全国各地に設置されていて申し込みから借り入れまでの手続きをする事が出来るのですごく便利です。しかし中小の消費者金融は自動契約機が設置されていないので申込方法が店頭窓口やネットになります。

大手の消費者金融は審査が最短30分で回答されると言われていますが、混雑していると時間がかかってしまう事もあります。しかし中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので20分ぐらいで回答される事があります。審査スピードが異なるのも大手と中小の違いになります。

本人確認ができればすぐにキャッシングができる

小さな会社でサラリーマンをしています。給料が安いので貯金はまだ全くない状態です。

3ヶ月前に友達の結婚式に呼ばれて、同窓会も兼ねて参加しました。でも大阪から青森まで飛行機での往復チケットを買うと、それだけでもかなりの出費になりました。ただ飛行機チケットはクレジットカード決済なのでどうにかなりましたが、お祝いに包むお金3万円と2次回、同窓会、飲み会などで必要になる数万円、合わせて10万円は現金で持っていかなくてはいけません。最初は地元にいる兄貴に借金を申し込もうとも思いましたが、兄貴が両親にそのことを言うと、両親からまた色々うるさく言われるので、思い切ってキャッシングで現金を借りようとの考えに至りました。

今までお金に余裕はなかったけれど、キャッシングでお金を借りた経験は全くなくて、やはりちょっと心配になりました。

でも10万円程度だったら、給与証明とか面倒な書類を集めなくても大丈夫だとわかり一安心。必要なのは本人確認ができる証明書だけでした。10万円だけでだったので、利息の心配もありませんでした。借金はできるだけしたくないですが、困った時に簡単にお金を貸してくれるところがあるのはやはりありがたいです。

返済方法で大違い!キャッシングをなるべくお得に使うには

キャッシングを使うとき、返済の仕組みをよく知っておくと、非常にお得にサービスを使えます。知っておきたいのは、キャッシングの返済はいつでも受付できること。もちろんすべてのサービスで絶対ではありませんが、返済は毎日24時間受付しているサービスも多いです。

そのため、すぐに返せるお金があるなら、前倒しで返済することを覚えておきましょう。たとえば1万円借りて、その10日後に給料が入り、お金を返せるようになったとしましょう。その時点で完済すれば、利息は10日分しかいりません。

本当は借入して10日後には返済できる状態だったのに、規定の返済日まで特に返済をせず、結局30日ほどお金を借りたとすると、利息は30日分必要です。10日ですぐ返したときに比べ、利息が3倍になるわけですね。

このようにキャッシングの返済はできるだけ早めにやった方がお得です。利息は借入日数が1日増えるごとに増えていきますから、1日でも早くお金を返せば、それだけ利息が減るのです。

しかもキャッシングなら返済はその都度受付されていて、近くのコンビニATMなどから簡単にできます。インターネット経由での返済方法が使えるなら、在宅のまま返済もできます。手間はかかりませんから、返せるお金があるならどんどん返していくと、お得にキャッシングを使えます。

キャッシングの申込みから融資まで

キャッシングはTVや広告などでもよく目にするようになっていますが、いざ申込もうと思っても中々踏み出せない方が多いのではないでしょうか。
キャッシングは申込みから審査、そして実際に融資を受けるまでが手軽でスピーディに行われているので初めてでも安心です。

多くの消費者金融が実際に店舗に行く必要がなくPCやスマホを使ってどこにいても24時間365日インターネットで申込みが出来てしまうほど手軽になっています。
申込む際には本人確認書類などが必要になりますが、これもわざわざ郵送する必要がなくインターネットでアップロードしてしまえばOKという便利さです。誰でも持っているスマホ1つで完了してしまえます。

中には申込んだ後の審査が不安という方もいらっしゃると思いますが、例えば平日午前中に申込が完了すれば午後には審査結果が分かります。
また在籍確認のために会社に電話が来てキャッシングがバレてしまうことを心配している場合でも、本人以外には社名や目的などを一切話すことはありませんのでプライバシーがしっかり守られていますので安心です。
ここまでたった1日で全て済んでしまい即日融資を受けることも可能ですし、その対応の早さと品質は確かですので誰でも安心して気軽に申込むことが出来ます。

審査通過率は実のところ公開されていない!

銀行や消費者金融のキャッシングローンを契約する際、必ずといって良いほど、多くの方が審査通過率を気にすると考えます。審査に通過する可能性が無ければ、申し込みをするだけ、無駄な労力となってしまいます。また、個人信用情報に照会履歴が残り、他社のキャッシング契約を申し込み出来なくなるというデメリットもあります。

インターネット上で評価サイトや比較サイト、個人ブログなどに『審査通過率』が掲載されているものの、公式にプレスリリースされた情報ではありません。あくまで、プレスリリースされている情報では『新規成約数』や『新規成約率』です。これは、契約締結に至った情報であり、審査落ちしたケースから契約条件に納得できずに契約しなかったケースも含まれています。

そもそも、消費者金融の場合、貸金業法により誇大広告の禁止に関する項目があります。審査通過率と掲載した場合、消費者に誤認を与える可能性が生じてしまいます。インターネット上では、あたかも『新規成約率=審査通過率』と記載しているものの、本来であれば、個人サイトであれ記載禁止事項となります。また、アフィリエイト広告を掲載しているサイトの場合、審査通過率と記載していた場合、広告訴求文言の禁止に該当し、アフィリエイト契約に対する違反になっています。また、借入れを助長する文言を使用することも禁止事項なっているのが実状です。

インターネット上で審査に通過するかどうかを確認しても、正しい情報を得られないことを認識しておくことがポイントです。むしろ、スコアリング判定方法により自分自身が高いスコアになるのかどうか、そして個人信用情報の開示することの方が現実的な情報を知ることが可能です。

銀行カードローンは金融庁によって規制されるか

2016年に銀行カードローンの過剰融資問題が表面化してから、全国銀行協会の各銀行に自主規制を要請することによって事態の収拾に動きました。しかし、自主規制によって銀行カードローンの過剰融資問題が解決する可能性は低いと言わざるを得ません。それは、すでに銀行カードローンによる個人融資が銀行にとってリスクがなく大きく儲かる金融商品となっていることから容易に想像できます。自主規制とは一番先に取り組んだほうが儲けがすくなくなるからです。他の銀行が自主規制に取り組んでから、始めようと考えている銀行が少なくないと思われます。はっきりいうと、自主規制をやりたくないというのが銀行の本音と言えるでしょう。

銀行カードローンは傘下の保証会社に保証を受けていることから、銀行にはほとんどリスクがありません。その上に他の銀行の金融商品とは比べ物にならないくらいに高い金利を設定することが可能ですから、全体の融資額を増やせば増やすほど銀行の収益が上がっていくという銀行のとってはデリメットの少ない金融商品なのです。常識的に考えても簡単にこれを手放すとは考えられません。金融庁の規制が入るまでは、はっきりとした過剰融資問題の解決には至らないでしょう。

総量規制対象外には除外と例外があります

銀行カードローンに代表される総量規制対象外となる取引には、厳密には除外と例外の取引内容があります。住宅ローンや自動車ローンといった有担保ローンについては、総量規制の対象から除外されています。年収に関係なく借入が出来ることから、除外される項目については、高額療養費の支払いなど特定の内容に限られているわけです。銀行カードローンは、適用される法律がそもそも異なるので、除外に該当します。除外対象となる取引については、総量規制の借入残高の対象に含みません。

一方、総量規制の例外とされる取引には、貸金業法に基づくおまとめローンや、配偶者貸付、個人事業主への事業資金貸付が該当します。総量規制の借入残高としてカウントされるものの、借入側に一方的に有利な借入や、信用力が十分にあると考えられる場合には、例外的に貸付を行なっても良いとされている取引です。総量規制の例外に該当する借入が多ければ、他社借入時に総量規制による貸付制限対象となるので、他社借入がある場合には例外対象となる借入を行なうと、以後の借入残高次第では追加借りて入れが出来ません。総量規制の例外規定に基づく貸付は、計画的に借入と返済をしないと、他の取引に影響を与えかねない点に注意が必要です。