銀行と消費者金融のカードローンはどこが違うのか

カードローンを提供している金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融など様々です。一見すると同じカードローンに見えがちですが、適用されている法律自体がそもそも異なる点に注意しなければなりません。

信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づく貸金業者としての届出を行っているので、総量規制の影響を受けます。他社を含めた貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてはならないという総量規制により、審査の柔軟性とは別の部分で規制が掛けられているわけです。

一方、銀行カードローンは、銀行法に基いて金融商品を展開しているので、利息制限法の適用を受けても貸金業法の適用は受けません。消費者金融とは異なり総量規制対象外ですから、審査に通過出来れば年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

また、銀行カードローンを利用するためには、保証会社の審査に通過する必要があります。保証会社として銀行から指名された消費者金融や信販会社が実質的な審査を行なうので、総量規制には抵触せずに大きな利用限度額を設定してもらえる可能性があるわけです。同じ信販会社や消費者金融が審査を行っても、銀行カードローンならば審査に通過できる可能性がある点に注意が必要です。

キャッシングの限度額は多い方が幸せ?

キャッシングを利用する時に設定される限度額は、少しでも多い方が良いと考える人は少なくありません。限度額が高く設定されていれば、突然まとまったお金が必要になった時でも、慌てずに対応することができます。しかし、限度額が高ければ、使いすぎてしまう可能性が出てきます。

限度額が設定されると、使えるお金が増えたと感じる人がいますが、借りた後は返済をしていく必要があります。便利だからと使いすぎると、返済が大変と感じてしまう可能性がある為、キャッシングを利用する時は、無理のない範囲での利用を心がけておくことがおすすめです。

その為には、総量規制の上限まで利用したいと考えず、無理なく返済できる程度の限度額で、やりくりをしていくことがおすすめです。

カードローンの審査会社について調べてから申込めば良い

カードローンを提供している金融業者は、銀行・信用金庫・信販会社・消費者金融と様々です。実際に申込みを行なうと、全て自社審査を行っていると考えがちですが、中には自社審査を行わずに審査会社に業務委託しているケースが少なくありません。

具体的には、銀行と信用金庫では保証会社に入っている会社が実質的な審査を行っています。銀行カードローンでは、傘下の信販会社や消費者金融が担当することが多く、傘下までは入っていないものの提携関係にある会社に委託しているケースも少なくありません。

また、消費者金融については、大手消費者金融において専門の審査会社へ業務委託をしていることがあるので、利用規約を確認してどの審査会社を使用しているか確認する必要があります。なぜなら、別のカードローンへ申込みを行っても、審査会社が同じならば続けて審査落ちするリスクが高くなるからです。

この点、中小消費者金融ならば、審査会社に委託出来るほど審査内容が単純ではなく、社内データベースと申込者の人となりを判断しての融資を行っているので、審査会社へ委託出来ないわけです。画一的な審査を行なう場合には審査会社に業務委託出来ますが、個別具体的な柔軟性ある審査には経験が必要になります。

消費者金融では即日審査が多く行われている

カードローンの審査には、30分から1週間程度と金融業者によって大きな差があります。銀行カードローンの審査は早さよりも慎重さが求められ、消費者金融にはスピードが求められている傾向にあるので、規模に関わらず消費者金融の審査は早いです。

即日審査に対応している消費者金融ならば、大手で1時間程度、中小消費者金融であっても2時間以内に審査が終わることが少なくありません。中小消費者金融に申込む人は、他社借入がある人が大半となっているので、より難しい審査が求められており、結果的に大手消費者金融よりも審査時間が掛かってしまうことは仕方がありません。

難しい審査を2時間程度で行なってしまう中小消費者金融の審査力がいかに高いか分かるでしょう。貸金業法に基づき営業しなければならない消費者金融では、総量規制を確実に守る必要があるので、個人信用情報機関へ信用情報照会が出来る時間帯でなければ審査が出来ません。

申込み手続きを24時間好きな時間帯に行えたとしても、審査可能な時間帯は深夜早朝が除かれる理由が分かるでしょう。難しい審査であっても、消費者金融ならば即日審査に対応することで、申込者からも一定の信頼を勝ち得ているわけです。

消費者金融の即日審査は分業化によって成り立っている

銀行カードローンの審査は、実質的に保証会社が行っていることはよく知られています。しかし、大手消費者金融でも審査部門を別会社に業務委託していることが珍しくありません。自動契約機コーナーを設置している消費者金融では、審査部門と貸付業務を別にすることで、人件費を削減しています。

自社で大量のキャッシング申し込みに対して全て対応するには、多額の人件費が必要となります。しかし、外部の審査会社に1審査ごとの単価で契約を結べば、日々の申込数が一定では無いのでかかった分だけ支払えば良くなります。最終的な融資判断や、詳細審査に入り人の目でなければ確認出来ないギリギリの判断をする所のみ経験者を配置することが望ましいです。

中小消費者金融では、自動契約機の設置を行なうほど経費を掛けられないので、窓口業務とインターネット経由での申し込みが主です。大手消費者金融で審査落ちした複数の貸金業者からの借入がある人が、中小消費者金融では主な利用客となるので、最初から詳細審査が必要とされる利用者ばかりとなります。

独自の貸付と回収実績に基づき、融資判断を行なうことになるので、審査と融資を分業化することが難しいでしょう。大手消費者金融では分業化が進み、中小消費者金融では専門性が高まっています。

キャッシングの審査で見られる部分とは

キャッシングというのは、まずは審査をされることになります。つまりは、貸してもよい人であるのか、ということを判断するわけです。その為の情報源として指定信用機関というところを利用しています。ここから個人の金融情報を得るようにしており、それで判断をしているわけです。

これは総量規制を超えていないかどうか、他のところから借りていないのか、借りているとしてもそれが延滞していないのか、ということも確認します。延滞をしていても貸してはいけない、ということではないのですが、それでも物凄く問題になるでしょう。こうしたことが審査で見られることになります。

また、当然ですが収入を見られることにもなるでしょう。つまりは、それがそのまま返済能力に直結していると判断されるからであり、これが基本になります。キャッシングというのは、とても良いサービスですから借りることができるのであれば生活に上手く活用できるようになるでしょう。

審査はされることになりますが、とりあえずすぐにお金を貸してくれる所があればこれは非常に助けられることがあるでしょう。それこそが重要なポイントになるでしょう。あくまで上手く使えば、人生に役に立ちます。

銀行ローンの特徴的なこと

銀行ローンといっても、二つのタイプがあります。それがフリーローンと目的ローンになります。目的ローンというのは、何を買うのかを決めていることになります。具体的にいいますと車を買うとか家を買うとかそうした目的がはっきりとしている必要があります。その為、金利的にはやや低いことが多いです。

不動産に関してはそれが担保にもなりますし、回収の見込みがそれなりに高いからです。但し、かなりしっかりと審査をされるようになります。ですから、ハードルが高い借り方であるといえます。もう一つのフリーローンというのもあります。こちらは要するにキャッシングのようなサービスです。実は極端に明確に決まっているわけではなく、キャッシングもカードローンも要するにお金の使用目的は自由になります。ですから、似たようなサービスである、という認識で基本的には問題はないです。

但し、消費者金融は貸金業法であり、銀行カードローンは銀行法が適用されることになります。つまりは、総量規制外である、ということも特徴の一つとしてあります。ですから、基本的には銀行のほうがよい、ということがいえます。それに銀行のほうが金利は安めになっていることが多いです。但し、これはその人の金融信用情報次第です。

もう少し借りたい時は他社の申込より増額申込みを!

消費者金融の 審査が通り、キャッシングの 返済を滞りなくしていけば、段々と残高が減っていきます。

返済を滞りなく続けて、他社の利用を増やさずに繰返し借りていればもちろん最初に設定された金額までは繰返し利用できます。

そこでもう少し借りたい方には追加の融資申込「増額」というものがあります。

会社や限度額にもよりますが、最初の利用可能額が少ない方は、仕事をしっかりとしていて生活環境に変わりがなければ「利用枠」は増えていきます。

電話一本で直ぐに対応できる場合が多いと思いますので、他社に新規で借入をするよりは、信用情報的にも同じ会社で利用枠を増やす方が返済もしやすいですし、今後の取引もしやすくなります。

会社的にはまず返済をしてもらう事が一番なので、他社に利用が増えると、その会社の規定で利用ができなくなったりします。

会社の規定にもよりますが、半年もきちんと遅延なく返済をしていれば利用可能額は増えますが、会社が勝手に利用額を増やすことは法律で禁止されているはずですので、審査に通す必要があるので必ず電話等で増額の申込をしてください。

しかし利用可能額が増えるということは、貯金が増える訳ではないのであくまでも返済があることを忘れずに利用しましょう。

主婦の私でもキャッシングを利用することができるのか?!

結婚を機にそれまで勤めていた会社を辞めました。

そして専業主婦に。

しかし外に出て働きたいという思いからパートを始めて2年経ちました。

月々のパート収入は5万円ほどです。

そんな私でもキャッシングを利用することができるのか?!検証してみました。

まず大きな疑問は主婦でもキャッシングを利用することができるのか?ということです。

数年前から法律が厳しくなりキャッシングを利用するのが難しくなったという話を少し聞いていたのでまずはそこが疑問でした。

調べてみると…

専業主婦の方はキャッシング利用が難しいみたいですね。

しかし主婦は主婦でもパートなどで月々の収入がある人はキャッシングを利用することができるみたいです。

ということはパートをしている私もキャッシングを利用できる?

更に調べていくと…

パートをして収入があるとしてもそれだけでは審査は通らないという事がわかりました。

パート勤めをしている期間も関係するそうです。

パートを始めて1ヶ月です!では審査は通りません。

最低でも半年~1年以上はパート勤めをしていることが必要みたいです。

私はパートを始めて2年。

ということは審査に通る確率は格段に上がったということです!

次に融資をお願いする金額も考える必要があるみたいです。

年収の1/3までしか借入できないという法律があるからです。

ということは月々のパート収入が5万円の私は年収が60万円なのでその1/3で20万円までだと融資してもらえるということです。

主婦の私でも2年間パート勤めをしていて月々5万円の収入があるので20万円までならキャッシングを利用できるということがわかりました!

キャッシングを利用できると分かり少し安心しました。

同時申し込みと認定される基準は?

キャッシングへの同時申し込みは審査落ちになる可能性が高いです。しかし、やたらとたくさんのキャッシングに申し込んだり、ほぼ同時に申し込んだりしなければ問題ないという場合もあります。

例えば、申し込むキャッシングの数は2社までならばほぼ大丈夫です。3社となるとあやしくなり、4社以上では落とされる確率がかなり高くなります。また、申し込みの間隔にしても、一ヶ月から二ヶ月に間に複数に申し込むと同時申し込みと認識されてしまう可能性が高いです。

それ以上の間隔をあければ、同時申し込みとして審査で不利に扱われるということはないでしょう。ただ、申し込みをしたという記録は半年間残り、キャッシング会社はかんたんにそのことを知ることができます。可能ならば半年あけてから申し込むのが理想的です。