キャッシングの申し込みについて

キャッシングの申し込みについて書きたいと思います。申し込みにおいてまず言いたいことは準備をしっかりとしておくことです。準備を怠っていると登録に時間がかかったりまた相手のキャッシング会社に与える印象もよくありません。準備といってもそんなに難しいことではないです。事前に申し込みに必要な書類はキャッシング会社に聞けばスタッフが丁寧に教えてくれますし安心して準備が出来ると思います。

ではまずどんなものが準備に必要なのか?必要書類として「本人確認できるもの」「収入を証明できるもの」。この二点が最低限に必要な書類となります。

本人確認できるものとしては一般的には免許証が一番有効かと思います。しかし全員が持っているわけではないので免許証の他には健康保険証も有効です。最近ではマイナンバーも使える会社もあるそうです。

そして収入を証明できるものは勤め先によって違うと思いますがあれば源泉徴収票が一年間の総額から載っていますしそれが一番良いかと思います。源泉徴収票がなければ直近数ヵ月分の給与明細が必要となります。

準備をしておくだけで審査においても心の余裕を持って望むことが出来ると思います。また申し込みにおいては情報の正確性もきちんと確認してから行ってください。

キャッシングの申込みから融資まで

キャッシングはTVや広告などでもよく目にするようになっていますが、いざ申込もうと思っても中々踏み出せない方が多いのではないでしょうか。
キャッシングは申込みから審査、そして実際に融資を受けるまでが手軽でスピーディに行われているので初めてでも安心です。

多くの消費者金融が実際に店舗に行く必要がなくPCやスマホを使ってどこにいても24時間365日インターネットで申込みが出来てしまうほど手軽になっています。
申込む際には本人確認書類などが必要になりますが、これもわざわざ郵送する必要がなくインターネットでアップロードしてしまえばOKという便利さです。誰でも持っているスマホ1つで完了してしまえます。

中には申込んだ後の審査が不安という方もいらっしゃると思いますが、例えば平日午前中に申込が完了すれば午後には審査結果が分かります。
また在籍確認のために会社に電話が来てキャッシングがバレてしまうことを心配している場合でも、本人以外には社名や目的などを一切話すことはありませんのでプライバシーがしっかり守られていますので安心です。
ここまでたった1日で全て済んでしまい即日融資を受けることも可能ですし、その対応の早さと品質は確かですので誰でも安心して気軽に申込むことが出来ます。

キャッシングの申込みをするときには

キャッシングサービスとはお金を貸してもらうことができるサービスですから、少なからずこちらから積極的に情報を提供することになります。それは身分であったり、職場のことであったり、他所からの借金であったりします。

それらを基に審査をしてもらうことになります。それで貸してよい、ということになりましたら、カードを発行してもらうことができるようになっています。多少の違いはあるとしても流れとしてはまったくどこの業者もやることは同じです。

審査をするために申込み書などに必要事項を書いてもらって、身分証を確認して本人であるかどうかの確認と職場への在籍確認や指定信用情報機関などに問い合わせて借金に関しての確認などをして、総合的に判断をしてもらうことになります。

そして、貸せるかどうか、貸すことに対するリスクとしては問題がないのか、というのが判断されるわけです。申込みをするときに不備があったりしますとすぐに駄目になるとはいいませんが説明を求められたり、或いは訂正するように、と言われることもありますから、それにしっかりと従うようにすればその点に関してはそこまで問題になることはないでしょう。

ですが最初からしっかりと申込みに不備がないようにしたほうがよいでしょう。

消費者金融から即日融資を受けるためにはどうしたらいい?

今日中にどうしてもまとまったお金が必要!となった場合に頼りになるのが消費者金融です。

消費者金融、といえば響きが怖いかもしれませんが、そこいらに出展されている消費者金融は闇金ではありません。

きちんと行政のルールに則っているので怖いものではありませんよ(私も本物の闇金は見たことがありません)。

さて、即日融資を受けるために厳密に何時までに申しこめばいい、と記載しているところはほとんどありません。

そこで利用者側が考えるべきなのが、融資決定までにどういう段取りが必要か、ということです。

融資が決められるまでには申し込み→審査→契約→融資という段取りを踏む必要があります。

融資にはキャッシングのカード発行後、系列のATMからお金を引き出すか、振込み融資をしてもらう必要があります。

さて、銀行が当日中に振り込むための締め時間があるのをご存知でしょうか。それは銀行の営業終了時間である午後3時(15:00)です。

銀行に関連するもろもろの手続きは午後15時までに終了させる必要があります。そのため、遅くとも、15時に間に合うように手続きを進めることがベターでしょう。

もちろん何か問題が発生すればその限りではありません。

例えばその日の午前中にそういう状況になったのであれば、朝のうちに申し込みをして、審査まで進むのが望ましいでしょう。

学生がプロミスの審査を有利にするポイント

プロミスの利用条件が20歳以上69歳以下で安定した収入がある人となっているので該当していれば学生でも利用する事が出来ます。しかし学生の場合は収入の面で不安なので審査が不利になってしまう事もよくあります。そこで学生がプロミスの審査を有利にするポイントを見ていく事にしましょう。

・週4~5日アルバイトをする

学生の時はアルバイトが収入源になりますが、週1~2日しか働いていないと収入が不安定と判断されて審査が否決されてしまう事がよくあります。審査を有利にしていくには収入を安定させておく事が大切になってくるので週4~5日アルバイトをするといいでしょう。

・他社からの借り入れがなしの状態にしておく

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収制限されてしまうので他社からの借り入れがあると審査が不利になってしまいます。審査を有利にしていくには他社からの借り入れがなしの状態にしておく事が大切になってきます。

学生がプロミスの審査を有利にするポイントはこの2点が特に重要になってくるので申し込みをする前にしっかり準備しておく事が大切になってきます。また借入希望額も必要最低限にしておくといいでしょう。

銀行カードローンの審査が厳しい状況を自ら作ってしまう人もいます

銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利で借りられるので審査が厳しいと考えている人が多いです。確かに低金利で融資するほど、銀行はリスクを冒せないので審査を厳しくすることは有り得ます。しかし、多くの人が誤解している点として、銀行カードローンの審査を行っているのは実質的には指定された信販会社または消費者金融だと知らないことに審査落ちの原因があるかもしれません。

銀行カードローンを利用するためには、銀行が指定した保証会社からの保証を受ける必要があります。銀行と同一グループまたは提携関係にある信販会社または消費者金融が、約款には明記されているので検討段階からどこが保証会社として入っているのか確認しなければならないでしょう。過去に延滞や迷惑を掛けたことがある金融業者が保証会社として入っている場合や、既に借入が多くある金融業者が保証会社として指定されている場合には、審査落ちの可能性が一気に高くなります。銀行のカードローンに申し込んだ際の審査基準を自ら上げてしまっている状況の人が多いので、銀行カードローンの審査は厳しいという話が出回ってしまっているわけです。総量規制対象外となっている銀行カードローンでは、専業主婦であっても借入が出来ている状況から、一概に審査が厳しいとは限らないことを知っておくことも大切です。

プロミスのフリーキャッシングとレディースキャッシング

三井住友銀行系列の消費者金融として、大勢の人の生活を支えていると言っても過言ではない金融機関の一つがプロミスとなります。

プロミスの代表的な商品であるフリーキャッシングやレディースキャッシングを通常利用した場合には、契約条件に合わせて金利が発生し、借入額に応じた利息を支払う必要があるのですが、一定の条件を満たして契約することで、30日間無利息でお金を借りることが可能となっています。

そんなプロミスのフリーキャッシングやレディースキャッシングの商品情報や申込要件について紹介をします。

・商品概要

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で融資限度額は最高で500万円までとなっています。なおレディースキャッシングの実質年率や融資限度額も同様のものとなっており、商品設計についてはフリーキャッシングもレディースキャッシングも殆ど同内容となっています。

それではフリーキャッシングとレディースキャッシングの違いはどこにあるのかというと、女性オペレーターが対応してくれる専用のフリーダイヤルがあるか否かという違いになっています。

女性オペレーターに相談しながら契約申込をしたいという女性はレディースキャッシングの利用をおすすめしますが、両方商品には本質的な違いは無いことを理解しておきましょう。

埼玉りそな銀行のプレミアムカードローンについて

メガバンクのうちの一行である埼玉りそな銀行では大別して二種類のカードローンの取り扱いがありますが、そのうちメガバンクのカードローンらしい、高い利用限度額と低い金利が特徴的なカードローンがプレミアムカードローンとなっています。埼玉りそな銀行のプレミアムカードローンの内容などについて具体的に解説していきます。

・金利について

金利は年3.5%から12.475%となっています。さらに埼玉りそな銀行で住宅ローンを組んでいれば金利が年0.5%引き下げられるので、最も低いケースでは金利は年3.0%となります。

・融資極度額について

最高で800万円までとなっています。利用者は各々のニーズに合わせて50万円からの10段階のコースから選択ができますし、極度額が300万円までであれば所得証明書の提出なしでの契約が可能となっています。

・申込方法について

郵送での申込や店頭窓口での申込など、様々な申込方法が用意されていますが、手軽に申込をしたいと考えている人におすすめなのがインターネットからの申し込みとなります。

インターネットからなら24時間365日の申し込みが可能ですし、店頭に足を運ぶことなく契約ができる、web完結という契約完結手続きをとることができるのです。

ATMの数の多さに魅力があるモビット

借りる商品を利用する時には、場所が重要になってきます。特に幅広さなどは、まず間違いなく重要なポイントになるでしょう。それでモビットには、場所に関するメリットがあるのです。

そもそも借りるためには、ATMを利用するケースも多々あります。普段仕事が忙しいサラリーマンなどは、ATMで返済を行うケースも多いです。

ただATMの設置数などは、各会社によって異なります。数が多い会社もあれば、かなり地域が限定された会社など色々です。

ところでモビットは、そのATMの数に関する特長があるのです。非常に幅広い地域のATMに対応しています。コンビニのATMでも返済を行う事ができますし、各銀行における機器も同様です。

逆に地域がかなり限定された金融会社では、それだけ不便になってしまうでしょう。地域密着型の金融会社などでは、かなり不便だと感じられるケースも珍しくありません。しかしモビットは店舗数が多いので、明らかに便利と言えます。

また機器の数が多いと、時間帯に関するメリットもあるのです。幅広い機器で利用できれば、それだけ多彩な時間帯で取引を行えるようになるでしょう。

このようにATMによる利便性の高さが、モビットのメリットと言えます。できるだけ便利に利用したいと思うならば、おすすめの賃金業者です。

お金を早く借りたかったので消費者金融にしました

消費者金融からお金を借りることに不安がなかったかと言えば嘘になりますが、できるだけ早くお金を借りる必要があったので消費者金融のキャッシングを利用してお金を用意しました。最初は消費者金融ではなく銀行を利用しようと思いました。

私は勤続年数が5年のOLで他に大きな借金もしていないので厳しいと言われている銀行の審査でも問題なく通るはずです。そう思って実際に申し込みをしようとしたところ銀行の審査は思っていた以上に時間がかかることが判りました。私としては1日か2日以内にお金を準備する必要があったので審査に時間がかかるのは問題外です。このような理由から不安はあったのですが審査が早く条件さえ合えば申し込みをしたその日のうちにお金が借りられる消費者金融に申し込みをしたのです。

大手の消費者金融であればそれほど不安を感じることもないだろうと思いテレビコマーシャルでよく観ていたアコムを選びました。アコムの公式ホームページを見て三菱UFJグループだということも判り安心感が増しましたし、30日間金利0円サービスがるのもメリットが大きく良いと感じました。手続きは勤務時間中の休憩時間にスマートフォンを使って行い、翌日には私が指定した銀行口座に希望した通りのお金が入金されていしまた。

銀行であればこれほどスピーディーにお金を借りることはできなかったはずです。無利息キャッシングも利用できて利息も安くなり本当に助かりました。今から思えばあれこれ迷わず初めから消費者金融にしておけば良かったと思っています。