キャッシングの返済方法としてリボ払いを避けるべき理由

キャッシングを利用してお金を借りれたあとはそのお金を返済しなければなりません。

キャッシングの返済方法にはいくつかの種類がありますが、主な返済方法としては一括返済、分割払い、リボ払いがあります。一括返済は分かりやすいですが、分割払いとリボ払いの違いがあまりわからずに利用している人がいるかもしれません。キャッシングの返済方法にリボ払いを避けたほうが利息支払額や返済期間が短くなることを知っておきましょう。

リボ払いの特徴は借りたお金の金額には関係なく、毎月一定の金額を返済していく方法です。毎月の返済額が一定であることから、返済の管理が容易であることは間違いありませんが、その分は返済が長期に渡ってしまいます。返済が長期に渡るということは利息額をたくさん支払うことにつながりますので、総返済額では一括返済や分割払いに比べると大きな差が出るのです。

毎月の返済が苦しいのは嫌だということも分からないではありませんが、たくさんの利息額を支払うほうがもっと効率が悪いので、リボ払いは避けたほうがいいのです。特に返済の初期には返済額のほとんどが利息に充当され、借入元本がほとんど減らないということになっていることがほとんどです。

消費者金融の即日審査は分業化によって成り立っている

銀行カードローンの審査は、実質的に保証会社が行っていることはよく知られています。しかし、大手消費者金融でも審査部門を別会社に業務委託していることが珍しくありません。自動契約機コーナーを設置している消費者金融では、審査部門と貸付業務を別にすることで、人件費を削減しています。

自社で大量のキャッシング申し込みに対して全て対応するには、多額の人件費が必要となります。しかし、外部の審査会社に1審査ごとの単価で契約を結べば、日々の申込数が一定では無いのでかかった分だけ支払えば良くなります。最終的な融資判断や、詳細審査に入り人の目でなければ確認出来ないギリギリの判断をする所のみ経験者を配置することが望ましいです。

中小消費者金融では、自動契約機の設置を行なうほど経費を掛けられないので、窓口業務とインターネット経由での申し込みが主です。大手消費者金融で審査落ちした複数の貸金業者からの借入がある人が、中小消費者金融では主な利用客となるので、最初から詳細審査が必要とされる利用者ばかりとなります。

独自の貸付と回収実績に基づき、融資判断を行なうことになるので、審査と融資を分業化することが難しいでしょう。大手消費者金融では分業化が進み、中小消費者金融では専門性が高まっています。