借り換えタイミングは相談が大事

借り換えと言えば長期ローンというイメージがあり、やはり住宅ローンだと思います。

住宅ローンの借り換えのタイミングは本当に難しいです。それは「未来の金利はだれにもわからない」ということだと思います。

ですが、もし金利が下がるからといって必ず借り換えをした方がいいかと言えばそんなこともありません。

借り換えには手数料が発生しますし、住宅ローンであれば登記の手続きが発生することもあります。

実はその手数料は決して安いわけではないので、借り換えの際にはトータル的に考える必要があります。

なので、借り換えのタイミングは相談が大事になります。

まずは、借り換えを検討している銀行の相談窓口へ行きましょう。相談内容としては金額的なことだけでなく、返済方法、条件変更時の手数料など幅広く相談することが大事です。そして相談したら、現在借りている状況と比較して相談先のほうが条件がよければそれが借り換えのタイミングだと思います。

ですが、もし借り換え先の方が条件がよいことを現在借りている銀行に言えば、金利等を下げてくれるかも知れません。そのときは借り換えのタイミングではないと思います。

こんな感じで、借り換えと言うのはとてもタイミングの判断が難しいです。相談し、比較し、いいタイミングを見極めましょう

銀行と消費者金融のカードローンはどこが違うのか

カードローンを提供している金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融など様々です。一見すると同じカードローンに見えがちですが、適用されている法律自体がそもそも異なる点に注意しなければなりません。

信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づく貸金業者としての届出を行っているので、総量規制の影響を受けます。他社を含めた貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてはならないという総量規制により、審査の柔軟性とは別の部分で規制が掛けられているわけです。

一方、銀行カードローンは、銀行法に基いて金融商品を展開しているので、利息制限法の適用を受けても貸金業法の適用は受けません。消費者金融とは異なり総量規制対象外ですから、審査に通過出来れば年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

また、銀行カードローンを利用するためには、保証会社の審査に通過する必要があります。保証会社として銀行から指名された消費者金融や信販会社が実質的な審査を行なうので、総量規制には抵触せずに大きな利用限度額を設定してもらえる可能性があるわけです。同じ信販会社や消費者金融が審査を行っても、銀行カードローンならば審査に通過できる可能性がある点に注意が必要です。

キャッシングの限度額は多い方が幸せ?

キャッシングを利用する時に設定される限度額は、少しでも多い方が良いと考える人は少なくありません。限度額が高く設定されていれば、突然まとまったお金が必要になった時でも、慌てずに対応することができます。しかし、限度額が高ければ、使いすぎてしまう可能性が出てきます。

限度額が設定されると、使えるお金が増えたと感じる人がいますが、借りた後は返済をしていく必要があります。便利だからと使いすぎると、返済が大変と感じてしまう可能性がある為、キャッシングを利用する時は、無理のない範囲での利用を心がけておくことがおすすめです。

その為には、総量規制の上限まで利用したいと考えず、無理なく返済できる程度の限度額で、やりくりをしていくことがおすすめです。

じぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時の注意点

じぶん銀行じぶんローンはネット銀行のカードローンでKDDIが出資している銀行でもあるのでauユーザーが利用すると金利などで特典を受ける事が出来ます。また融資スピードが早くて提携ATMの手数料が無料なのでメリットになる点が多いカードローンという印象があります。

しかしじぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでじぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

ネット銀行のカードローンは低金利になっている事で有名で上限金利はほとんどのネット銀行が15%以下に設定されています。しかしじぶん銀行じぶんローンの上限金利は17.5%に設定されているので他のネット銀行のカードローンより高いです。借り過ぎや長期の返済をする時は注意が必要になってきます。

じぶん銀行の口座を持っていないと振込キャッシングや自動支払い返済など便利なサービスを利用する事が出来ません。じぶん銀行じぶんローンを利用してお金を借りる時は事前にじぶん銀行の口座を開設しておいた方がいいです。

無利息融資を続けるためにいろいろなところにキャッシングを申し込むのはアリか?

キャッシングの中には無利息の融資が使えるような特典がついているようなケースがあります。

ただ、そういったところは初回申し込みの時から何日までといった感じのものが多く、何度も使えるところはほとんどありません。

そのため、無利息融資を利用するためにはほかの会社に申し込みをするというようなことも考えられます。

果たしてこれは有効でしょうか?

結論から言うとあまりお勧めはしません。 キャッシングにいちいち申し込むといってもなかなか手間がかかります。

必要な書類も毎回集めたりするもの結構面倒ですし、審査時間もまたかかりますので手間を考えると結構遠回りです。

また、短い期間に何度も申し込んだり、あまりに多くの消費者金融と契約していると断られるようなケースがあります。

短い期間だと、一気に借り入れをして踏み倒されると考えることもありますし、返済可能性に疑問を持たれる可能性があります。

また、あまりに契約している会社の件数が多いのも、借入金額が少なくても返済に困っていたりする印象を与えますし、

あまり利用してくれないのでは?とも考えられますので、審査してもあまりいい返事は得られないかもしれません。

そんな感じになりますので、無利息融資の利用のためだけに何件も契約するというのは避けた方がいいでしょう。