アルバイトでも利用できるキャッシング

多くの人がキャッシングの申し込みをする時に「アルバイト」の雇用形態だと受付されないと思い込んでいることがあります。

確かに昔であれば正社員などでなければ審査に通りにくいということはありましたが、今のキャッシングであればそんなことはありません。派遣社員やパートタイマーなど、時間給で仕事をする人でもお金を安定して稼げるということが証明できれば、一般的な正社員と同じようにキャッシングを利用することができます。

キャッシングの申し込みの際に求められるのが所得の証明書です。多くは源泉徴収票のコピーや原本などを提出することになります。多くのキャッシング会社では200万円程度の年収を稼ぐことができていれば、ほとんどの場合でキャッシングの審査が通るとされています。

もちろんエグゼクティブ系の100万円単位の融資を受けることはできませんが、ひとまずお金を借りたいと思っている方にとっては、非常に便利です。

200万円程度の収入であれば、10万円の融資枠が妥当といったところでしょう。これは1社に対する融資枠になりますから、もう少しお金が必要なのであれば、別の会社で申し込みをすれば会社の数だけ融資枠が増えますので、そこは調整をしながら自分のニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。