銀行と消費者金融のカードローンはどこが違うのか

カードローンを提供している金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融など様々です。一見すると同じカードローンに見えがちですが、適用されている法律自体がそもそも異なる点に注意しなければなりません。

信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づく貸金業者としての届出を行っているので、総量規制の影響を受けます。他社を含めた貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてはならないという総量規制により、審査の柔軟性とは別の部分で規制が掛けられているわけです。

一方、銀行カードローンは、銀行法に基いて金融商品を展開しているので、利息制限法の適用を受けても貸金業法の適用は受けません。消費者金融とは異なり総量規制対象外ですから、審査に通過出来れば年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

また、銀行カードローンを利用するためには、保証会社の審査に通過する必要があります。保証会社として銀行から指名された消費者金融や信販会社が実質的な審査を行なうので、総量規制には抵触せずに大きな利用限度額を設定してもらえる可能性があるわけです。同じ信販会社や消費者金融が審査を行っても、銀行カードローンならば審査に通過できる可能性がある点に注意が必要です。

カードローンの審査会社について調べてから申込めば良い

カードローンを提供している金融業者は、銀行・信用金庫・信販会社・消費者金融と様々です。実際に申込みを行なうと、全て自社審査を行っていると考えがちですが、中には自社審査を行わずに審査会社に業務委託しているケースが少なくありません。

具体的には、銀行と信用金庫では保証会社に入っている会社が実質的な審査を行っています。銀行カードローンでは、傘下の信販会社や消費者金融が担当することが多く、傘下までは入っていないものの提携関係にある会社に委託しているケースも少なくありません。

また、消費者金融については、大手消費者金融において専門の審査会社へ業務委託をしていることがあるので、利用規約を確認してどの審査会社を使用しているか確認する必要があります。なぜなら、別のカードローンへ申込みを行っても、審査会社が同じならば続けて審査落ちするリスクが高くなるからです。

この点、中小消費者金融ならば、審査会社に委託出来るほど審査内容が単純ではなく、社内データベースと申込者の人となりを判断しての融資を行っているので、審査会社へ委託出来ないわけです。画一的な審査を行なう場合には審査会社に業務委託出来ますが、個別具体的な柔軟性ある審査には経験が必要になります。

銀行系カードローンがおすすめ

急にお金が必要になった、と言うときだったり、またまとまったお金が必要となるシーンはあります。

こうしたときに、銀行系カードローンが非常にお勧めです。

銀行系カードローンは様々なものがありますが、自分が口座を持っている銀行カードローンを使うのがおすすめです。

銀行系カードローンを使う場合は、利子なども比較的安いですし、また返済なども簡単なことが多いです。

また、自分が口座を持っている場合、取引をする際にも書類審査などがスムーズであることが多いです。

銀行系のカードローンには様々なものがありますが、インターネットで金利がどのぐらいなのか、だったりまたサービス内容などもまとめられていることが多いです。

ですので、こういったインターネットサイトなどを参考にしてみることをおすすめしたいと思います。

銀行系カードローンは、スピーディーに融資をしてくれるというところもたくさんありますので、スムーズに融資を受けたいという場合なら、こうした即日融資のできるところを選ぶのがおすすめです。