プロミスのおすすめ

カードローンをどこの会社で契約しようかと悩んでいる方は多いと思います。

今回は大手のプロミスを紹介したいと思います。

プロミスはCM等、広告でよく見かけると思いますが、大手ならではの手厚いサービスも特徴です。

まずプロミスのHPをみていただきたいと思いおますが初めての方でも安心の内容となっています。申込みの方法もふたつありましたてすべてをWEbだけで入力する場合と少しの入力であとは電話での確認作業で済ませる方法があります。

入力が面倒だと思われるかたは電話で教えてもらいながら申し込めるのも魅力的だと思います。

他にも「お借入シュミレーション」というボタンがあって年収など簡単な入力内容で借り入れ可能かどうかの審査が出来ます。

他にも女性専用ダイヤルがあるなどきめ細かいサービスが充実しております。

プロミスでの借り入れの特徴としましては、即日融資OK,初めてのかたなら30日間無利息、家族に内緒のかたにはありがたい郵便物なしなどがあります。

返済もお近くの銀行やコンビニのATMなどで出来ますが、プロミスは三井住友銀行グループなので三井住友銀行のATM(とプロミスATM)なら手数料無料になるのもうれしいですね。こちらの銀行の口座をお持ちの方には特におすすめです。

プロミスの目的ローンについて

購入する財やサービスがはっきりしていて、明確な目的を持ってキャッシングしようと考えている人におすすめしたいキャッシングがプロミスの目的ローンとなります。プロミスの最もメジャーなキャッシングはフリーキャッシングとなりますが、お金の使いみちがはっきりしている場合には目的ローンの方が最大金利が低いのがおすすめとなるのです。(フリーキャッシングの最大金利が年17.8%なのに対して目的ローンの最大金利は16.5%)

なおプロミスの目的ローンを契約するのに必要となる条件や提出が必要な書類はフリーキャッシングと同じとなりますが、目的ローンの場合は返済方法が口座振替と決められているので、契約時に引き落とし口座の届出印が必要になります。

忘れずに用意したいですね。

学生がプロミスの審査を有利にするポイント

プロミスの利用条件が20歳以上69歳以下で安定した収入がある人となっているので該当していれば学生でも利用する事が出来ます。しかし学生の場合は収入の面で不安なので審査が不利になってしまう事もよくあります。そこで学生がプロミスの審査を有利にするポイントを見ていく事にしましょう。

・週4~5日アルバイトをする

学生の時はアルバイトが収入源になりますが、週1~2日しか働いていないと収入が不安定と判断されて審査が否決されてしまう事がよくあります。審査を有利にしていくには収入を安定させておく事が大切になってくるので週4~5日アルバイトをするといいでしょう。

・他社からの借り入れがなしの状態にしておく

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっています。総量規制の対象になっていると年収制限されてしまうので他社からの借り入れがあると審査が不利になってしまいます。審査を有利にしていくには他社からの借り入れがなしの状態にしておく事が大切になってきます。

学生がプロミスの審査を有利にするポイントはこの2点が特に重要になってくるので申し込みをする前にしっかり準備しておく事が大切になってきます。また借入希望額も必要最低限にしておくといいでしょう。

プロミスのフリーキャッシングとレディースキャッシング

三井住友銀行系列の消費者金融として、大勢の人の生活を支えていると言っても過言ではない金融機関の一つがプロミスとなります。

プロミスの代表的な商品であるフリーキャッシングやレディースキャッシングを通常利用した場合には、契約条件に合わせて金利が発生し、借入額に応じた利息を支払う必要があるのですが、一定の条件を満たして契約することで、30日間無利息でお金を借りることが可能となっています。

そんなプロミスのフリーキャッシングやレディースキャッシングの商品情報や申込要件について紹介をします。

・商品概要

プロミスのフリーキャッシングは、実質年率が4.5%?17.8%で融資限度額は最高で500万円までとなっています。なおレディースキャッシングの実質年率や融資限度額も同様のものとなっており、商品設計についてはフリーキャッシングもレディースキャッシングも殆ど同内容となっています。

それではフリーキャッシングとレディースキャッシングの違いはどこにあるのかというと、女性オペレーターが対応してくれる専用のフリーダイヤルがあるか否かという違いになっています。

女性オペレーターに相談しながら契約申込をしたいという女性はレディースキャッシングの利用をおすすめしますが、両方商品には本質的な違いは無いことを理解しておきましょう。