キャッシングの返済方法としてリボ払いを避けるべき理由

キャッシングを利用してお金を借りれたあとはそのお金を返済しなければなりません。

キャッシングの返済方法にはいくつかの種類がありますが、主な返済方法としては一括返済、分割払い、リボ払いがあります。一括返済は分かりやすいですが、分割払いとリボ払いの違いがあまりわからずに利用している人がいるかもしれません。キャッシングの返済方法にリボ払いを避けたほうが利息支払額や返済期間が短くなることを知っておきましょう。

リボ払いの特徴は借りたお金の金額には関係なく、毎月一定の金額を返済していく方法です。毎月の返済額が一定であることから、返済の管理が容易であることは間違いありませんが、その分は返済が長期に渡ってしまいます。返済が長期に渡るということは利息額をたくさん支払うことにつながりますので、総返済額では一括返済や分割払いに比べると大きな差が出るのです。

毎月の返済が苦しいのは嫌だということも分からないではありませんが、たくさんの利息額を支払うほうがもっと効率が悪いので、リボ払いは避けたほうがいいのです。特に返済の初期には返済額のほとんどが利息に充当され、借入元本がほとんど減らないということになっていることがほとんどです。