銀行カードローンの審査が厳しい状況を自ら作ってしまう人もいます

銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利で借りられるので審査が厳しいと考えている人が多いです。確かに低金利で融資するほど、銀行はリスクを冒せないので審査を厳しくすることは有り得ます。しかし、多くの人が誤解している点として、銀行カードローンの審査を行っているのは実質的には指定された信販会社または消費者金融だと知らないことに審査落ちの原因があるかもしれません。

銀行カードローンを利用するためには、銀行が指定した保証会社からの保証を受ける必要があります。銀行と同一グループまたは提携関係にある信販会社または消費者金融が、約款には明記されているので検討段階からどこが保証会社として入っているのか確認しなければならないでしょう。過去に延滞や迷惑を掛けたことがある金融業者が保証会社として入っている場合や、既に借入が多くある金融業者が保証会社として指定されている場合には、審査落ちの可能性が一気に高くなります。銀行のカードローンに申し込んだ際の審査基準を自ら上げてしまっている状況の人が多いので、銀行カードローンの審査は厳しいという話が出回ってしまっているわけです。総量規制対象外となっている銀行カードローンでは、専業主婦であっても借入が出来ている状況から、一概に審査が厳しいとは限らないことを知っておくことも大切です。