総量規制によって希望額に届かないときには銀行のカードローンを

手軽にお金を借りられるキャッシングには、どうしても足かせとなってしまう法律上の規制があります。それは総量規制と呼ばれる規制で、この規制が施行された結果として消費者は自分の返済能力を大幅に超えるような借金をすることができなくなりました。総量規制では自身の年収の三分の一を超える借金をすることができないのです。

もちろん、この総量規制は前述したように自分の返済能力を大幅に超えるような借金を消費者がしないようにするために設けられて施行されているのですが、自身の年収の三分の一を超える借金ができなくなってしまったことで、それ以上の金額を借りたいという場合には消費者金融のキャッシングでは自分の希望する金額を借りられないというケースも発生しています。ただし、自身の年収の三分の一を超える金額であっても借りられる方法がないわけではありません。

銀行のカードローンならば年収の三分の一を超える金額でも借りられる可能性があります。銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていないというのがその理由です。そのため、総量規制のせいで自分の希望する金額が消費者金融のキャッシングでは借りられないというときには、総量規制の対象ではない銀行のカードローンを申し込んでみるようにしましょう。

おまとめローンは総量規制の対象外ですが…

他社からの借り換え専用のおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額になっても大丈夫ですが、そもそも消費者金融のおまとめローンの借り換え対象となるのは他の消費者金融からの借り入れ分だけです。

よって、現在抱えているクレジットカードや他のローン契約の残りの支払い分、銀行からの借り入れ分などは借り換え対象になりません。つまり、元々総量規制が適用される借り入れ分だけしか借り換えることができないので、おまとめローンによって借りる金額が総量規制をオーバーしていることは基本的には無いのです。

基本的にはと書きましたが、特にパートやアルバイトのような毎月の収入が一定ではない人の年収はあくまで概算で算出される為、数社を利用している場合、改めてまとめてみると実際には年収の1/3以上の借り入れを行っているようなケースがあります。また、会社員でも契約時より年収が減ってしまった場合など、そのような場合の借り換えにこの総量規制の対象外という点が利点となるのです。

つまり、消費者金融のおまとめローンは基本的には総量規制内の範囲内での借り換えになりますが、いざ合計してみたところ現在ではそれを超えていたというようなケースでも安心だということです。

キャッシングの審査で見られる部分とは

キャッシングというのは、まずは審査をされることになります。つまりは、貸してもよい人であるのか、ということを判断するわけです。その為の情報源として指定信用機関というところを利用しています。ここから個人の金融情報を得るようにしており、それで判断をしているわけです。

これは総量規制を超えていないかどうか、他のところから借りていないのか、借りているとしてもそれが延滞していないのか、ということも確認します。延滞をしていても貸してはいけない、ということではないのですが、それでも物凄く問題になるでしょう。こうしたことが審査で見られることになります。

また、当然ですが収入を見られることにもなるでしょう。つまりは、それがそのまま返済能力に直結していると判断されるからであり、これが基本になります。キャッシングというのは、とても良いサービスですから借りることができるのであれば生活に上手く活用できるようになるでしょう。

審査はされることになりますが、とりあえずすぐにお金を貸してくれる所があればこれは非常に助けられることがあるでしょう。それこそが重要なポイントになるでしょう。あくまで上手く使えば、人生に役に立ちます。