カードローンはずっと契約してメリットがある?

カードローンは、銀行や消費者金融に関わらず、利用限度枠内であれば何度も借り入れができ便利です。

都度、契約審査が無いことは、借り入れまでの時間短縮にも繋がっています。

ですが、一見するとメリットが契約したままでいるとメリットがあるように思えるものの、キャッシング審査の特徴としてはデメリットがあります。

そもそも、現在のキャッシング審査では将来的な収入や信用度は考慮されていません。

つまり、契約をそのままにした場合、過去の条件が引き継がれてしまい、本来の評価が受けられていないことになります。

そのため、カードローンの契約は適宜見直しを行った方がメリットとなるため、契約を継続しない方が良いと言えます。

そのため、若い頃に契約したカードローンを利用し続けるのはあまりおすすめではありません。